肝臓再生– 再生治療で、健康な肝臓機能を。 –

健康医療

目次

肝臓再生

再生治療で、健康な肝臓機能を。

再生治療は従来の治療法と異なり肝臓そのものを自分の幹細胞で修復してくれるため、副作用などの心配や入院等の負担は全くありません。

注意事項

治療を行うにあたって、患者様と医師、両者の合意があってはじめて治療は行われます。医師より治療の目的や安全性、リスク、そして効果についてしっかりとご説明します。現病歴や既往歴により、治療が難しい場合もございます。

治療を受けるに当たって

下記に該当する方は、医師にご相談ください。

  • 脂肪採取時に使用する麻酔薬または特定細胞加工物の製造工程で使用する物質に対する過敏症、アレルギー症状を起こした経験がある患者様
  • 感染症検査(B型肝炎、C型肝炎、HIVなど)で陽性の方
  • 出血傾向のある方
  • 本再生医療の同意説明文書の内容をご理解いただけない方
  • 妊娠している可能性がある方、妊娠を強く希望している女性、妊婦、授乳婦
  • 20歳未満または80歳以上の方

予期される副作用・リスク

  • 採血時の痛み、内出血

このようなお悩みをお持ちの方に

  • 軽度の肝硬変、肝硬変後後遺症
  • 肝臓がひどく傷んでいる方、疲れやすい方
  • アルコールで肝臓の数値が悪い、ストレスの多い、脂肪肝がある方

肝臓再生の流れ

患者様へしっかりと事前の説明やカウンセリングを行います。
患者様を第一に考え、ご負担を最小限にとどめるべく治療にあたります。

STEP
カウンセリング

患者様の希望やお悩みを伺い、最適な治療を提案します。
治療に関して、疑問・ご不安がございましたらご遠慮なくご相談ください。

STEP
血液検査

血液検査、感染症の検査等を行い、医師から十分な説明をお聞きいただき、患者様の合意を得た上で治療を開始いたします。

STEP
脂肪細胞の採取

患者様ご本人から脂肪細胞の採取をおこないます。

STEP
幹細胞の培養

院内の専用施設にて幹細胞を分離して培養を行います。培養期間は3〜6週間となります。

STEP
幹細胞の投与

点滴により幹細胞を投与いたします。投与された幹細胞は損傷部の再生・修復を促進します。

STEP
術後診断

手術後、1ヶ月、その後は3ヶ月おきに定期検診を行い、改善状況と安全性を確認いたします。

肝臓再生の料金

カウンセリング・事前検査・採血・脂肪採取・幹細胞培養・投与・アフターフォロー

初診料3,000円(税抜)
再診料2,000円(税抜)
血液検査40,000円(税抜)
細胞採取料200,000円(税抜)
細胞培養料 1回投与1,200,000円〜(税抜)
細胞培養料 3回投与3,300,000円〜(税抜)
細胞培養料 6回投与6,000,000円〜(税抜)
処置にかかる時間脂肪採取:約60分
点滴:約60分
※状況によって異なります。
通院の目安細胞検体(脂肪)を採取する1回と、点滴で投与する2回の通院で治療は完了します。入院の必要はありません。採取から培養し、注入するまでは3〜6週間ほどを必要とします。詳しくは医師にご相談ください。
当日治療について患者様に安心して診察を受けていただけるよう、完全予約制をとっております。
当日の診察をご希望の場合は、お電話にてお問合せください。
痛み1回の採血と1回の点滴で完了する治療であるため、大きな痛みを感じるものではございません。 通常の点滴と同様で、針が進入する際のチクッとした痛みがある程度です。また、治療後についても、いつも通り生活していただけます。
処置前後の注意点肝臓ガンを合併する患者様には免疫・ガン治療を行いますのでご相談ください。
麻酔についてご自身の脂肪を採取する際に使用します。
国内承認薬の有無再生医療のため承認薬は使用しません。
入手経路ご自身の脂肪から当院のCPCで培養した幹細胞を使用いたします。
副作用/リスクご自身の脂肪を用いる治療のため、アレルギーや拒絶反応のリスクは小さいと考えられております。

健康医療

目次
閉じる